旅ライフハック

Googleストリートビューでエミレーツ航空ファーストクラス内部を見る方法

飛行機好きなら一度は乗ってみたい「エミレーツ航空」!
LCCユーザーの私・夏目も例外ではありません。

そのファーストクラスは「空飛ぶ宮殿」と言われるほど豪華絢爛だそう!

しかし、日本~ドバイ間で費用は80万円と夢のまた夢…。
デイリー使いできるのはアラブの大富豪…いや、中富豪くらい?
日本ではお〇ださんとエン〇ケさんくらいしか無理でしょう……。

せめて中だけでも見て見た――い!
画面コピーを眺める毎日でした。

そんなとき、『王様のブランチ』で、エミレーツ航空の内部がGoogleストリートビューで見られるといっていました。

探し始めたのですが、具体的な見方が全然分からず半日くらい費やしてしまいました(暇か?)。

やっと見る方法が分かったので、シェアします!

スポンサードサーチ

エミレーツ航空・エアバスA380の内部を見る方法

  1. まず、Googleストリートビューでドバイ空港の以下の場所にアクセスします。

  1. ストリートビューに切り替えます。
    Google マップでストリートビューを使用する
  2. 真ん中あたりに青い長方形が二重に重なっているところがあるので、そこにドロップします。
    シェイクシャックの下あたりです。
  3. 機内に切り替わります。
  4. 画面の隅に「E」「B」というメニューがあるので、ファーストクラスを見たい場合は、「B」、エコノミーは「E」で切り替えできます。

これ以下はネタバレ(?)になりますので、自分の目で見たいぜ!という方は閲覧をおやめください。

 

以下ネタバレ?

 

 

エミレーツ航空のファーストクラス内部!

おおお~~!
なんですか?この空間は…!

何…? この、軽食ビュッフェですか?

飛行機の中だということを忘れてしまいます!

空飛ぶバー!

軽食コーナーの反対側を見てみたら、超Cool!なバーカウンターがあります。


これが噂の空飛ぶバーですね。
周りにソファがあるということは、ここで紳士・淑女・お嬢様たちが談笑しながら酒をあおるということですね。
しつこいようですが、飛行機の中だって忘れちゃいますね。

このスペースはビジネスクラスにつながっていたので、ビジネスクラスの方も使えるようですね。

エミレーツのビジネスクラス

後ろから舐めるように見ていこう。

まずはビジネスクラスが見えてきました。

おお~~ええやん。

窓際のシートは一人掛けなんですね。
私は一人旅なので(断定)、この席で隣に気を遣わずゆったりくつろげるな~。

ファーストクラスは完全個室!

出た~これがファーストクラス!


すごいキレイ!

よくよく見ると、テーブルの上に生花と、お菓子セット、女優ミラーがあります。
サイドにはドリンクが入っていますね。

あら~いいですね~。
至れり尽くせりの漫画喫茶みたいな感じでしょうか…。

喫茶コーナー?

私が気に入ったのはこちらの空間。

飛行機の中とは思えないような静かな雰囲気で心が癒されますね。
というか、置いてあるのは急須と湯飲みですよね?
中身は日本茶でしょうか?

飛行機の中にシャワールームが!

一番前まで行くと、噂のシャワールームに入ることができました!

ほぼホテルじゃ~~~ん!
アメニティまで見ることができます。メーカーまでは分からず…。

シャワーブースは小さいけど、バスルーム全体は結構広く、ふかふかのバスタオルや、ゆっくり身支度できそうないす、全身映る鏡もありました。

ついでにエコノミーも見学

天井の世界への階段ーファーストクラス・ビジネスクラスへの入り口を降りますと、エコノミークラスを見ることができます。

エコノミークラスもゆったりしていますね。
普段LCCだから余計にそう感じるだけかも?

パープル&オレンジの最高に可愛い色の取り合わせ、淡い色合いのシートも温かみがあっていいですわね。

しかし、無人の飛行機の中を歩きまわれるってバーチャルとはいえワクワクします。

ブルジュ・アル・アラブにも行ってみた

せっかくドバイに来たので、世界唯一の7つ星ホテルブルジュ・アル・アラブにも行ってみました。

ゴージャスな階段!
これは個室でしょうか?

ぎゃーーかわいい!
AYUを感じる……。

ベッド大きいね!
大富豪が5~6人の美女を侍らせても大丈夫そうな広さ。

バスルームも広い!

こちらは別の部屋のバスルームかな?
色がかわいいね~。

ビリヤード台まであってワロタ。
しかも台がでかくないです?

この豪華さを前面に出している感じ、嫌いじゃないわ~。

いつか行ける日が来るのでしょうか…。
その前に、また以前のように海外に旅できる日は来るのか…。