旅ライフハック

旅行の部屋着はこれ!かさばらない軽いおしゃれ【結論】

旅行の荷物を減らすことに命をかけているアラフォー女トラベラー夏目です。
しかし、極限まで荷物を減らすと旅先での快適さが激減してしまうことに気づき、最近は快適に過ごせるものを含めて荷物を厳選するようになりました。

なかでも絶対にあったほうがいいのが「部屋着」です。軽くてかさばらず、皴にならないのは当たり前。
なおかつ、ホテル内をそのまま歩けるくらいおしゃれでなくては!

色々試した結果、とろみ素材のワイドパンツ(ガウチョ、スカンツ)がガチで使えすぎて手放せないので、本気でおすすめします。

↓こんな感じの、カジュアルすぎないきれいなデザインで、何より絶対にフルレングスがいいと思います。

スポンサードサーチ

なぜ、旅の部屋着にワイドパンツがいいのか?

今までロングスカート、ジャージ、スパッツ、スウェットなど…いろいろな部屋着を試しました。

しかし、ガチのパジャマ&部屋着専用ならいいけど、ちょっとしたお出かけにも使いたいときに、カジュアルすぎるのはイヤでした
例えば、ホテルの近くのコンビニに行くときや、大浴場に行くときも、フロントを通らざるを得ないですよね。そんな時にジャージ姿のアラフォー女はちょっと場違いかな…と思いました。
さらに、できればホテルのバーやレストランに行くときも、羽織モノをプラスするくらいでそのまま行きたい!

ロングスカートは上品だけど、部屋でくつろぐには足元がばがばすぎて、そのまま寝ちゃうと浴衣状態(下半身丸出し)で風邪ひきまっせ…。

さらに! いざとなったら着回しに組み込めることで、旅行中のファッションの幅が広がるものがいいのです。

このような、楽さとおしゃれさを完璧に、両方満たしたい!という超わがままな要望にすべて答えるものを探し求めてきました。

そこでたどり着いたベストな答えが、ワイドパンツだったのです!

ワイドパンツの何がイイって、着回しの幅が広がりまくりなことです。

スニーカーにもパンプスにも合うし、上はTシャツでもブラウスでも合うんですよね。だから、どんなトップスとも靴とも合うし、TPOを選ばないのがホント…神でした。

とろみ素材ならかさばらない、軽い、楽ちん

私はLCCユーザーなので、できれば持ち込み手荷物だけで済ませたいのです。手荷物の重さ制限は7kg以下と超シビア。機内持ち込み用のバッグにコンパクトに収まり、なおかつ皴にならない必要まであります。

そこで、とろみ素材なんですわ。くるくる丸められるので場所を取りません。しかも軽い! もちろん、どれだけぎゅうぎゅうに押し込んでも、皴になったことがありません。

素晴らしすぎる…。

そして、アラフォーの体型の悩みもばっちりカバーしてくれます。ぴたっとしたパンツでお尻や太もものラインがでるのはちょっと厳しい…。でも、とろみ素材ならまったくバレません。

ウエストもゴムのものならめちゃくちゃくつろげます。そのまま寝られます。

一人旅に部屋着がマストなわけ

彼氏や女友達と一緒の旅ならおしゃれな部屋着が必要だけど、見せる相手のいない女一人旅に部屋着がなぜ必要なのか!?
私も最初はそう思っていました。

しかし、神部屋着ことワイドパンツがある旅は、豊かさが段違いなんです。

ホテルの部屋から気軽に出られる

一人旅、特に海外では、危険な夜間の出歩きを避けています。
そのため、必然的にホテル過ごす時間が長くなります。
それでもホテルの部屋に引きこもるのはつまらないもの。ホテルの公共スペースでくつろいだり、ジムに行ったり、ホテルのバーに行ったりして楽しい時間を過ごしたいのです。

さらに、部屋飲みのお酒やつまみが切れてしまったとき、ちらっとコンビニに行ったりしたいこともあります。

そんなときいちいち外着に着替えるとなると面倒で、つい「ああ~もう出なくていいか」となってしまうのです! せっかくの旅の夜、面倒くさいあまり、引きこもって過ごした思い出だけになってしまうのはもったいなさすぎる!

荷物を減らしたいあまり、部屋で街歩きと同じ服で過ごすこともありました。でも、どうもしっかり休めません…。
外をたくさん歩いて汚れているし、皴になったり汚したりしたら翌日から着るものがない、と思うとなかなか…。

一人でもおしゃれな部屋着を着るのは、ずばり気軽に外へ出る心理的負担を減らすための工夫なのです!