女ひとり旅トラブル

女海外一人旅で一番怖かったこと【やや閲覧注意】ホテルの部屋が超危険なワケ

旅に危険はつきもの。
とりわけ女ひとり旅は常にリスクと隣り合わせですよね。

守ってくれる人も相談できる相手もおらず、万一トラブルに遭っても警察などに訴える語学力もない…。

どんなに注意してもしすぎることはありません。

私も街中はものすごく気を張っています。そのかいあってか、幸い命にかかわるような危険も、盗難・詐欺などの被害に遭ったこともありません。

しかし……旅の危険がなんと「ホテル」に潜んでいるとは思いもしませんでした。

スポンサードサーチ

パリ・マレ地区の4つ星ホテルで恐怖体験


これは、初めてのパリ一人旅であったできごとです……(むだに本怖風)。

私はパリ・マレ地区にある4つ星ホテルに宿泊していました。
口コミサイトでもとても評判がよく、ちょっと狭いけどとてもおしゃれで快適で何の不満もありませんでした。

そう、あのできごとが起こるまでは…。

30分ほどの外出から戻ったら…

午後7時ごろ、近所のスーパー「モノプリ」で、夕食の買い物をした私は部屋に戻ってきました。

夏のヨーロッパは日が長く、まだ昼のように明るかったのを覚えています。

部屋を出て買い物から戻るまで、30分もかかりませんでした。

オートロックのホテルなので部屋の電子ロックを開錠し、ドアノブをひねったところ… 中からぐいっと引っ張られる感覚が!

「!?」

「hello…」

部屋の中に男がいて、ドアを引っ張ってる…!!

ホテルの部屋に見知らぬ人が!

なんで!? あれ?部屋間違えた?

パニックになり立ち尽くしている私の横をすり抜けて、男性が出てきました。

黒人の男性で、ホテルマンの服装をしていました。

「hello、your room〇×△~clock(英語)」

彼はにこやかに、何かしら英語で話しかけてくるのですが、私は英語が分からず…。

でもclock? 時計がどうとか言っていたようです。

呆然としていると、こちらの返事も待たず彼は颯爽と行ってしまいました。

あか
あか
なんだ~、ホテルの人だったのか。部屋の時計の故障?を見に来てくれたのかな? お礼を言い損ねちゃったな

気を取り直して部屋のキーを開け、室内に入ります。

その時なぜか、ゾクッとしました。

大きな違和感が

どうにも釈然としません。

ホテルの部屋はオートロック。開けっぱなしだったということはあり得ない。
つまり、わざわざ合い鍵を使って入ったということ。

ホテルの部屋に、夜、従業員が勝手に入ったりするものでしょうか?
しかも本人がいない間に……。

ターンダウンサービスがあるのだとしたらわかりますが、部屋の様子はまったく変わっていませんでした。

もしかしたら、部屋の見回りをしていたのかも? でもあの人は、私の部屋を出てすぐエレベーターで行ってしまった。

悪いとは思いながらも、無くなったものがないか調べてしまいました。
お財布は持って出ていたし、パスポートも無事。 他に金目のものとすれば……テーブルの上にあったパソコンも安物の腕時計も無事。

え? 本当に何のために入ったの…?
本来なら、即刻フロントに直談判に行くべきでした。しかし英語も話せないし…。

一番怖かったのは、もし部屋にいたとしたら鉢合わせになっていたのでは……?ということです。

恐怖の一夜

「あの従業員らしき人が鍵を開けて入ってくるのではないか?」
という恐怖のあまり、こんな夢ばかりみて寝られませんでした。

あの人は本当にホテルの人だったのか? それすらも疑わしく思えてきました。

もし、本当にホテルのスタッフだったとしても、誰でも合いカギを使って好きな時に客室に入れるという当たり前の事実が私を震え上がらせました。

セレブもパリのホテルで押し入り強盗に遭った

そういえば、アメリカのセレブ・キム・カーダシアンもパリのホテルで押し入り強盗に遭いましたね。

警察の格好をした犯人に部屋に押しいられ縛られてバスルームに監禁された、というショッキングな事件でした。その間に宝石などを盗まれ、被害総額は10憶円以上とか(桁が違いすぎる)

それほどの貴重品を持っている有名人が簡単にカギを開けたりしないでしょうから、やはりカギを開けられたのでしょうか?

どれほど恐怖だったでしょうね…。

ホテル・旅館の部屋はまったく安全ではない!国内も!

この出来事があってから、海外のホテルでは絶対気を抜かないようにしようと決意しました。(一人旅を辞めるという選択肢はなかったけど…)

しかし、たとえ国内でも、さらに高級ホテルや高級旅館でもまったく安心できないことを知りました。
それは、こんな話を聞いたからです…。

知人の体験談

友人のY夫妻は、新婚旅行で関東のとある高級旅館に宿泊しました。部屋の金庫にお金を入れ、観光に出かけたり、館内の温泉に行ったりとゆっくり過ごしました。そして翌日。チェックアウトしようと金庫を開けると、30万円ほどあった現金がそっくり消えているではありませんか! すぐに旅館に事情を話し、警察を呼んでもらうことに。犯人はすぐに見つかりました。なんとその旅館の仲居だったのです…。

キャーーーーッ!

もっと怖いのは、この話を一緒に聞いていた元旅館の仲居・Oちゃんの話。

「私が働いてた某リゾート地の旅館では、同僚に素性の怪しい同僚が常に何人かいたね。彼女たちは気づいたら消えてたり、警察に連れていかれたり色々あったよ」

ギャーーーーー!

あくまでも「その宿では」の話、しかも10年以上前の話ですが、何らかの理由で逃げてきた人がよく働いていたらしいです。
採用時も、素性を調べられるようなことはなかったそう。

そういう人たちが全員、部屋の合いかぎはもちろん、金庫の鍵まで持っているんですよね~。

それを考えると、お風呂に入るのも、寝るのもすごく怖くなってきます。 映画の『サイコ』みたいなこともいつ起こってもおかしくないわ…。

安全な日本の高級旅館ですらこんなことがあるのですから、海外など安心できるはずもありません。

ホテルや旅館で安心して過ごすための自衛方法

街中ではもちろん気を抜かないようにしていますが、ホテルではさすがにリラックスしたいですよね。
…というか、常に警戒態勢でいたらへとへとになってしまいます。寝ずに4泊5日も生き抜けるわけないし。横になって寝れれない抜け忍じゃあるまいし…。

どうすれば安心して過ごせるのか?調べたり考えたりしまくりました。

そこで、私が旅行に絶対持って行くセキュリティグッズを「旅の防犯グッズ3選!海外ひとり旅はこれがなきゃ夜も眠れない【使用画像あり】」で紹介します。

旅の防犯グッズ3選!海外ひとり旅はこれがなきゃ夜も眠れない【使用画像あり】 一人旅歴5年目のアラフォー女・夏目あかです。 これまで7か国をひとりで旅してきましたが、幸い命に関わる...

補助鍵は役に立たない

ちなみに、ホテルの部屋のドアについている補助錠はまったく役に立ちません。 クリアファイルのようなものがあれば、誰にでも簡単に開けられてしまうのです。

かなりショッキングな、以下のサイトさんの動画を見てください。

全ての海外旅行者に告ぐ!ホテルに泊まる時は、寝る前に必ずドアノブにコップを2個置きましょう。(たびハック様)

ホテルのセキュリティがいかに信頼できないか? お分かりいただけたでしょうか。

だから私は、必ずチェーンロックを持って行きます。

旅の防犯グッズ3選!海外ひとり旅はこれがなきゃ夜も眠れない【使用画像あり】 一人旅歴5年目のアラフォー女・夏目あかです。 これまで7か国をひとりで旅してきましたが、幸い命に関わる...

犯罪じゃなくても部屋で人と鉢合わせはよくある

最近は部屋情報を書き込むだけのデジタルカードキーが多いので、ホテル側のルームキー発行ミスにもよく遭遇します。
空室と勘違いしてすでに客がいる部屋を別の客に割り当ててしまうものです。

犯罪と違って悪意はないのですが、部屋でくつろいでいたら鍵が開いて大柄のお兄さんとかが入ってくるとめちゃくちゃビビります。

基本的に鉢合わせた瞬間、相手が「ソーリー!」と出て行きますが、死ぬほど怖いことには変わりありません。

やはり、部屋に入った瞬間から、二重に鍵をかけないと安心できないのです。

危険な女一人旅は工夫で乗り切る

パリでの恐怖体験ほどではありませんが、タイのホテルでスタッフから「夜、部屋行っていい…?」と言われちょっと怖かったことがありました(笑)

【タイ女一人旅】アユタヤのアイユーディアホテルで悶々とする デザインはステキだけど…なお部屋 夕方、2泊3日お世話になるアイユーディアホテルに到着しました。 アイユ...

それでもひとり旅を辞めるという選択肢はありません。

いずれ防げないトラブルに遭ってしまうこともあるかもしれません。
しかし、工夫次第で防げるものはしっかり回避しつつ、旅を楽しみたいと思います。

旅の防犯グッズ3選!海外ひとり旅はこれがなきゃ夜も眠れない【使用画像あり】 一人旅歴5年目のアラフォー女・夏目あかです。 これまで7か国をひとりで旅してきましたが、幸い命に関わる...