女海外一人旅で一番怖かったこと【やや閲覧注意】

スポンサードサーチ

パリ・マレ地区の4つ星ホテルで恐怖体験

これは、初めてのパリ一人旅であったできごとです(無駄に本怖風)。

このホテル、旅行予約サイトでもとても評判がよい四つ星ホテルで、ちょっと狭いけどとてもおしゃれで快適で何の不満もありませんでした。

そう、あのできごとが起こるまでは…!

夏だったので、まだ夕方のように明るい午後7時ごろのこと。

近所のスーパー(モノプリ)にて、夕食の買い物をした私は、部屋に戻ってきました。

部屋を出て、買い物から戻るまで、30分もかかりませんでした。

部屋の電子ロックを開錠し、ドアノブをひねったところ…

中からぐっと引っ張られる感覚が!

「hello」

部屋の中に黒人の男性がいて、ドアを引っ張ってる…!!

ホテルの部屋に見知らぬ人が!

なんで!?

あれ?部屋間違えた?

思考停止になり、ぼう然と立ち尽くしている私の横をすり抜けて、男性が出てきました。

ホテルマンの服装をしていました。

「hello、your room〇×△~clock(英語)」

にこやかに、何かしら英語で話しかけてくるのですが、私は英語が分からず。

でもclock?時計がどうとか言っていたようです。

こちらの返事も待たず、彼は颯爽と行ってしまいました。

「(なんだ~、ホテルの人だったのか)」

「(部屋の時計の故障?を見に来てくれたのかな。お礼を言い損ねちゃったな)」

気を取り直して部屋のキーを開け、室内に入ります。

その時なぜか、ゾクッとしました。

スポンサードサーチ

何かがおかしくないか?

無理やり自分を納得させようとしたけど、どうにも釈然としません。

ホテルの部屋はオートロックです。

開けっぱなしだったということはあり得ません。

つまり、わざわざ合い鍵を使って入ったということ。

ホテルの部屋に、夜、従業員が勝手に入ったりするものでしょうか?

しかも本人がいない間に……。

ターンダウンサービスがあるのだとしたらわかりますが、部屋の様子はまったく変わっていませんでした。

もしかしたら、部屋の見回りをしていたのかも?

でもあの人は、私の部屋を出てすぐエレベーターで行ってしまった。

悪いとは思いながらも、無くなったものがないか、調べてしまいました。

盗まれるとしたら、一番可能性の高いお財布は持って出ていたし、テーブルの上にあったパソコン、腕時計も無事。

え?本当に何のために入ったの…?

でも、一番怖かったのは、もし部屋にいたとしたら、鉢合わせになっていたのでは……?ということです。

眠れない恐怖の一夜

あの従業員らしき人が鍵を開けて入ってくるのではないか?という恐怖のあまり、こんな夢ばかりみて寝られませんでした。

あの人は本当にホテルの人だったのか?

それすらも疑わしく思えてきました。

もしかして……おばけでは!?

いや、おばけならまだ良かったのか?

部屋にいつでも入れる人がいるって、あらためて怖いことだな、と思いました。

スポンサードサーチ

女一人旅ってやっぱり怖い?

私が女一人旅で怖い体験をしたのは、今のところこの一度きりです。

困った体験は数えきれないほどあるけど。

もしも英語が堪能だったら、ホテルのフロントへ直談判に行けたのにな~と思います。

でも、帰国すると忘れちゃうんだよね……。

パリのホテルでは、部屋の金庫に入れて置いたお金がなくなることもあるといいます。

一体何を信用すればよいのか?

海外一人旅中、頼れるのは自分ひとり、と改めて思い知りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です