女ひとり旅トラブル

ホテルのウェルカムフルーツ、どうやって食べるんだ?

スポンサードサーチ

先日、フィリピンのマニラに一人旅したとき、はじめて「ウェルカムフルーツ」に遭遇しました。

夢にまで見たウェルカムフルーツ…!まさか、現実になるなんて…。

興奮のあまり写真を撮りまくり、「さて、食べるか」と考えたとき…。

これ、どうやって食べるんだ…!?

フルーツはリンゴ・バナナ・オレンジ。

とりあえず、バナナから攻めます。

めちゃくちゃ甘い…!

日本で食べるバナナって、なんとなくぱさつきというか、口の中の水分持っていかれる感があるのですが、それがなかった。

しっかりとした重い甘味と触感とでも言いましょうか…。

でもこのときも私の目は、ある物体に注がれていました。

それは「リンゴ」。

リンゴとか、申し訳ないけど庶民のフルーツ代表だし、スターフルーツとか、ドラゴンフルーツとかがいいな~。

いや、食べるけどね。

でも、これ、本当にどうやって食べたらいいの…?

ワイルドにかぶりつくっていうのもアリなんでしょうけど、私、「差し歯」があるんですよ…。知覚過敏だし…。

使用できるツールはフランス料理を食べるときに使うような、普通の「ナイフ」「フォーク」「スプーン」

いや、スプーン何に使うんだよ…。

そろそろバナナも食べ終わる。

これ、もしかして試されている…?

私、教育熱心な祖父の影響で小学校受験をしたことがありました。

その時に、「ここにある道具を使って、ビンの中のさいころを取り出してみてください」という、チンパンジー向けみたいな知能テストを受けました。

私は、それを思い出していました。

限定的な条件で知恵を駆使して、いかに望む成果を手に入れるのか…。

一回、シミュレーションしよう。

オレンジを手で向きながら、リンゴのCGを頭の中で回転させます。

フォークで押さえ、垂直にナイフを入れると小気味よい音を立て、リンゴが真っ二つになりました。

「イケるわ」

オレンジの最後の一房を食べ終わった私は、左手にフォーク、右手にナイフ、中央にアッポウを据えました。

そして、ナイフをリンゴの側面に突き立てます。

真上から、一気にナイフを突き入れたところ…。

リンゴは素早く回転しながら、部屋の隅に転がっていきました。

結局、どうやって食べるのか

調べてみた結果、次のような説がありました。

  1. ホテルの人に頼んで、切り分けてもらう
  2. 果物ナイフを持参する
  3. 備え付けのナイフとフォークでうまいこと食べる
  4. 飾りだよ。貧乏人め
  5. そもそもフルーツを剥いて食べるのは日本人だけ

1は英語をしゃべれないので、ちょっときつい。でも次回があれば、これを試してみたいです。

2は賢いなーと思うけれど、私は持ち込み手荷物だけで飛行機に乗るので、刃物は持ち込めない。

3は、私が今回試したプラン。手をべたべたにしながらも、何とか成し遂げました。やってやれないことはない。

4は、えっ…そうなの?

5は、あ~ありえるかもしれませんね。リンゴなんかは、丸かじりを想定しているのかもしれません。

あなたはどれ派ですか?