【京都女一人旅】京都最後の夜!先斗町飲み歩き

スポンサードサーチ

リベルテパティスリーブーランジェリーでクリスマスケーキ

帰りがけに、甘いものが食べたくなり、チョコレートケーキをいただきました。
食べづらいけど、チョコが濃厚でおいしい。

夜は先斗町へ

激安居酒屋のすいばにまた行こうと思ったのですが、最後の夜だし、京都らしいところに行ってみようかなと思いなおしました。
バスに乗って先斗町へ!

スポンサードサーチ

先斗町の串焼き、八十八へ

口コミなどをささっと調べ、評判のよかったこちらへ。
生ビールは580円、串焼きが240円~。

おいしいけど、値段はお高め…!あっというまに2000円をこえてしまった。
でも、場所柄仕方ないと思います。
ビールも一杯で切り上げることにしました。
カウンターがあるので、一人でも入りやすいお店でした。

雰囲気のいい路地などを見ながら、ホテルに帰ります。
京都の物価の高さに打ちのめされ、やや消化不良感。

憧れのイノダコーヒーで朝食

いよいよ、京都を去る朝。
一度行ってみたかったイノダコーヒーで朝食をいただくことにしました。

本店はちょっと遠いな~と思っていたところ、京都駅内にも支店があることがわかりました。

注文するのはもちろんモーニング!
「京の朝食」は、1440円! 
物価が高い!!

オレンジジュース、プレート、コーヒー、クロワッサン。
う~~~ん…普通。
ボリュームも味も、すべてが普通……。
憧れがすぎたかもしれません。
コーヒーはおいしかったです。

スポンサードサーチ

おわりに

久しぶりの京都旅行、なんとなく消化不良が残りました。

今まで行ったことのない京都をテーマに、鞍馬山と鈴虫寺に行きましたが、なんとなく「京都っぽさ」を感じにくかったからかも……。
もっと、「ザ・京都」を味わってみればよかったです。

ベタなのもイヤ、変り種もイヤ、じゃあどうしたいねん!

と、心の中の突込み担当が言っております。

しかし~

イイ塩梅は、さらに何度も通い、自分なりのお気に入りを見極めるしかないのかと思います。

逆に考えれば、多彩な魅力を持つゆえ、京都には人の数だけ王道コースがあると言えるかもしれませんね。
また季節を変えて訪れてみたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です