`18京都

【京都女一人旅】ぷらっとこだまを乗り逃す

スポンサードサーチ

今まで行ったことのない京都へ

往復こだま(ぷらっとこだま)+2泊3日の宿泊費で2万8000円のツアーがJRで出ていたため、急きょ京都に行くことにしました。

修学旅行先は京都でした……。しかも小学校、中学校連続で。
その後も何度となく訪れた京都。
清水寺や、八坂神社、伏見稲荷、二条城といったメインのスポットはほぼ行きつくした感がある。
そこで、今回は「行ったことのない京都に行こう!」をテーマに旅することにしました。

そこで、思い切って市内から離れた「嵐山の鈴虫寺(華厳寺)」と「鞍馬寺+貴船神社」を攻めることにきめました。

奇しくも、その日は12月24日、クリスマス・イブ。
クリスマスに、ザ・観光地に一人きりはどんな感じなのか? 楽しみでもあり、怖くもあり。

パッケージ商品の新幹線を乗り逃したらどうなる!?

旅行当日。
目を覚ましたら、なんと家を出発する時間じゃありませんか!

「まあ、いまさら急いでもどうせ間に合わんし……」
と悠然としたくをはじめ、ゆったり出発。

AIで道案内って!?

朝の東京駅は人もまばらでした。
今日は12月24日だから、もう仕事納めた人も多いのかな?
グランスタのようなお店もまだ開いていませんでした。

すでに、新幹線の出発時刻から1時間は経っています。
私が余裕の構えなのは、新幹線の乗車券の裏面に次のような文字があったから!

もし乗り逃したら、後発の新幹線の自由席に乗っていいよ!

これ、ご存知でしたか!?
私は実は知りませんでした。
万一座れない可能性もあるかもしれないけれど、無駄にならないならよかった♡
こだまは東京-新大阪間各停ですから、4時間以上かかるんですけどね。
香港に行くくらいの時間ですね。

が、しかし

注意書きをよく見ると、「以下のきっぷは除きます」との文字が……。
「え? え?」
ちょ……「ぷらっとこだま(ツアーパック商品)」は対象外じゃありませんか!

7時代でもお弁当屋さんは開いている

這う這うの体でJR東海道新幹線の窓口へ。
「もう、救いようがありませんね。お帰りください(^▽^)/」
と言われる覚悟で……

ところが、「次の自由席に乗れますよ」とあっさり。
あれ??
いや、嬉しいですけどね?

「ただし」
ほら~~! ほらきた~~!!
どうせ追加で〇万円取るんでしょ~?
京都で一食も食べられなくなりますけど~~?

「後発の“こだま”に乗ってください。ひかりやのぞみにはお乗りにならないでください」

セーーーーフ!!
(本当は、「ラッキー、じゃあひかりで行っちゃお」と一瞬思ったのは秘密)

快適!こだま自由席

がらがら

「年末だし、自由席もさすがに混んでるかな?」と覚悟したのですが、見てください、このガ~ラッガラッぶり。
京都まで、満席になることは一度もありませんでした。
席選び放題!

電源完備

足元にはしっかり電源もあり、つなぎ放題。
スマホいじり放題。
席倒し放題。
4時間苦痛に感じませんでした!(途中で何度か「え、まだ静岡?」とは思いましたが)

到着! 京都駅で腹ごしらえ

ブロガーらしい写真

京都駅に到着しました。
クリスマスの京都駅は盛り上がっているかな~?と思ったけど、いつも通り人が多かっただけでした。

ランチは、駅構内(近鉄名店街)にあったお好み焼きのお店にしました。
お腹がすいていて、「京都っぽければいいや」くらいの思考回路で選択。

京とんちん亭

お好み焼きや、ねぎ焼きなど粉ものメニューが中心です。お値段は単品で1000円前後のものが多く、結構高めな印象。
しかし、この店にはなんと「生ビールが標準でついているセット」がいくつかあったので「おっ」と思いました。

なんというか、昼からビールを飲むことへの罪悪感が消えるというか……。
席は8割くらい埋まっていましたが、観光客っぽい人々が多く、みんな楽しそうに飲んでいたんですよね~。楽園か?

私は悩んだ挙句、以下のセットを注文しました。

大原セット 2100円
・本日の一品(京のおばんざい)2種盛り
・牡蠣とホタテのバター鉄板焼
・ハーフサイズの鉄板焼(焼そば・豚玉・ねぎ焼のうち2種類選択可能)
・キリン一番搾り生ビール(中)その他のドリンクでも可

ビール
カキとほたてのバター焼き。まずいわけがない
ぶた玉とねぎ焼き

いや~~結構な満足度でした。
味はまあ、普通です。
しかし旅がはじまるぞ!感でいっぱいになりましたね。主にビールのおかげで。