【グアム女一人旅】ルビーチューズデー&デュシタニホテルのバー

いよいよグアムも3泊目。
今日は、「赤いシャトルバス」で恋人岬に行ってみたいと思います!

恋人岬行きのバスは、アウトリガーホテルの向かいにある、Tギャラリアから出発します。
赤いシャトルバスの乗り放題チケットも買っておいたので、いざ!

【グアム女一人旅】メスクラドスでランチとマイクロネシアモール

ドライバー「コレ、ツカエナイ。ノレマセン」

~終了~

そう。恋人岬は、乗り放題チケットではいけないそうです…😢
恋人岬…それほど強い思いで行きたいわけではないし、運賃を別途払うのももったいないので、あきらめました…。

一気に、今日やることがなくなってしまいました。

スポンサードサーチ

プレミアムアウトレットへ行ってみよう

乗り放題で行ける範囲には、基本的にショッピングモールばかりなんですよねえ…。

そこで、アウトリガーホテル前の乗り場まで戻り、グアムプレミアムアウトレットに行くバスに乗ることにしました。

バスの乗り心地はイイ感じ!
前のほうの席は冷房が聞いています。後ろはオープンエアで暑いけど気分がいいね。
乗客はほぼ日本人で、一人客はゼロ…。

アメリカン丸出しだね

20分くらいで、プレミアムアウトレットに到着!

しかし、買い物に関心がないので、やることが何もありません…。
仕方なく、コールドストーンアイスクリームを食べました。

アイスクリームを食べたら、またやることがなくなり、ホテルに戻りました。
イオンモール感覚で利用すな~~~😅👆💦

グアムナンバー1グルメ!ルビーチューズデーへ

しかし、私は見逃さなかった。
プレミアムアウトレットの敷地内にある……

Ruby Tuesday(ルビーチューズデー)を!

私的には滞在中、こちらの食事が一番美味しかったです。
私的グアムナンバーワンレストランでした。

グアムでステーキを食べたいときにピッタリ

ルビーチューズデーはアメリカ全土にあるチェーン店らしいです。

地元グルメを愛する女なので、チェーン店は邪道、グアムに行ったらグアムの味を食べたい…というポリシーにはそぐわないのですが(知らねーよ!)

初アメリカなので、「これぞ、グアムの味」とインプットされてしまいました…。そう、はじめてみた動くものを、母鳥と思い込むひよこみたいに……ネッ😉

大人の雰囲気

雰囲気といい、お料理・お酒の味といい、メニューのラインナップといい、すべてが最高でした。

ルビーチューズデーのメニュー

メインのステーキに、サイドディッシュをふたつ付けられます!
$25.99(2,816.74 円)

英語がわからなすぎて、おすすめされるままにチョイス。「シーフード」と聞かれたので、とりあえず「イエス」と微笑みました。すごいロブスターとか来たらどうしよ…と内心ドキドキ。

ルビーリラクサ―$5
アルコール安い!$3~$5

このような結果となりました。

ポテト、えびでした。
めちゃくちゃ美味しかった! ステーキも柔らかくて最高…!

スポンサードサーチ

デュシタニグアム、バーのハッピーアワー

時系列が逆ですが、デュシタニグアムのバーに行きました。
5時半からハッピーアワーがあるので、初日から目をつけていたのだ…。

「ハッピーアワー」と言ったら、なぜか自動的に高い方のプランになっていました(笑) 
ビールとワインの基本プラン$29で飲み放題、プラス$6でカクテルも飲み放題。
おそらく説明があったけど、私がまた適当に「イエス!」といったんでしょうな。
結果大正解でした。カクテルはめちゃくちゃ美味しかった…! 南国で飲むカクテルの良さを思い知りましたね。

日本語もあるから安心
夕暮れまであと少し!

カクテルのメニューはこちらです。全然読めないけど(いい加減英語を勉強しような…)愛想のいいバーテンダーさんが、おすすめのカクテルを次々作ってくれました。

モヒートだったかな
だんだん日が暮れてきた

パリピたちはコロナ片手に外へどんどん出ていきました。
私はカウンター席で首をねじりながら見てました。カクテルがおいしかったので、動くの面倒で…(言い訳)

グアムの旅総括

人生初のビーチリゾート一人旅でしたが、かなりの満足度でした。

海遊びのときに、周りが気になるかと思いきや、実は意外とぼっちは目立たず。
それも、ゴールデンウィーク明けで人が少なかったことが理由だと思います。

もう一度行きたいかというと、ちょっと微妙です。
ホテルがあまりよくなかったのと、やはり交通が不便で、海でがっつり遊ぶか、買い物でもしないとやることがないのがつらいからです。

一人旅は「明日なにしよっかな、何食べようかな」という選択肢が多い方がやはり楽しいと再確認しました。

とはいえ、ひとりビーチリゾートはまた絶対体験したい!
そう思わせてくれたグアムの海に感謝です。

おわり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です