'19タイ

【タイ女一人旅】絶対行ったほうがいい!バンコク3大寺院

タイも4日目、バンコクに来てからぐっすり眠れるけど、なかなか疲れは取れず、調子はいまひとつ。
ごまかしごまかし来たお腹の痛みも、ここへ来てピークになり、もはや何も食べられない状態に…!

でも・・・、でも!!
最後までエンジョイしたいんだ~~😃

もってくれよ…オラの体力…!

スポンサードサーチ

3大寺院、果たして行くべき…?

バンコクには3大寺院と言われる「ワット・ポー」、「ワット・アルン」、「ワット・プラケオ」があります。

疲れているし、入場料高いし、がっかり名所かもしれないし…と思ったのですが、

行って本当によかったです!!
想像の10倍よかった!

アクセスは水上交通がおすすめ

3大寺院にはいくには、「チャオプラヤエクスプレスボート」という高速ボートがおすすめです。
効率がいいし、川から眺める寺院も素晴らしかったです。

今回は、旅行者向けの「ツーリストボート(乗り放題200B)」を利用しました。
ワット・プラケオ、ワット・アルンへはこのボートで最寄りの港までアクセス可能、ワット・ポーへはワット・アルンから別途有料の渡し船で行きます。

3つの寺院のひとこと特長

  • ワット・プラケオ→超ゴージャス! タイで最も美しいと称される
  • ワット・ポー→巨大黄金涅槃仏
  • ワット・アルン→巨大な尖塔、三島由紀夫の『暁の寺』に描かれる

もし、1か所しかいけないとしたら、私はワット・プラケオがおすすめです!

回る順番

BTSサパーンタクシン駅から高速ボートで行くなら、一番遠くのワット・プラケオからアクセスするとよいのかもしれません。
ワット・プラケオからワット・ポーは歩いて10分くらいで行けました。
ワット・ポーからワット・アルンは対岸にあるため、船で行けます。ワット・アルンからまたチャオプラヤエクスプレスに乗って帰ります。

2018年現在では、ワット・ポー最寄りのポートに「チャオプラヤエクスプレス」は停泊しませんでした。
そのため、このルートが一番効率的では!?と思います。

ワット・プラケオへ

地図のTha maharajター・マハラートという船着き場に、ワット・プラケオの文字があるので、ここで降ります。
ほとんどの人が下りたんじゃないの!?というくらい一気に下船! 港も大勢の人であふれていました。
これなら、少なくとも迷う心配はない(笑)

リスだ!

グランドパレスってなんやねん!?と思ったら、グランドパレス=王宮で、この中にワット・プラケオがあるそう。
ワット・プラケオは、王宮の守護寺院なのだそうです。

平日だったのですが、鬼のように混雑してました。
水分補給必須ですね~。
近くに生フルーツジュースのお店がいっぱいあったので、飲みながら向かいました。
中国人グループはみんなフルーツ食べてましたね。

拝観料は500バーツ

チケット売り場も大混雑

30分くらい並んだか…チケット売り場にやっと到着。

拝観料がかかりまして、外国人はなんと500バーツ(1751円)!
ニッポンのお寺より高いよぉ😢
うんこミュージアムよりは安いけど。
でも、ここまで並んで引き返す人はいないでしょうな…。
ちなみに、パスポートチェックがあると聞いていましたが、特になかったです。

これが寺院だって!?

高いし、暑いし、並んで疲れたし…とぶつぶつ(脳内)言いながら、入場した瞬間…

一気に全部吹き飛びました!

もう、このすごさは写真では伝えきれない…下手だし…
空間の圧力!
色彩の暴力!!

この黄金の塔すごい…仏舎利があるのはここかな?

よく見ると、めちゃくちゃ緻密で驚きます。
どれほどの年月(と費用)がかかったんでしょうね~。
1782年に建てられたそうですが…。

ごく一部でもコレ
金箔もしっかり貼ってある
とにかく細かい!
この像はあちこちにあった

ワット・ポー

つづいての目的地、ワット・ポーはワット・プラケオから歩いて10分くらいのところにあります。
そのため、船に乗らずに歩いてみることにしました。

おしゃれなカフェでひとやすみ

しかし、人が多すぎて疲れた…。
Favor cafeというおしゃれカフェで休憩します。
看板メニューらしいマンゴースムージー95バーツ(332円)をいただきます。
冷え冷えでおいしい😋

別世界のような店内!

100バーツ1ドリンクつき

ワット・ポーは、ワット・パクナムに比べたら全然混雑もなく、ほっと一安心!
やはり王宮は別格だったようですね~。

お水の半券がついてます

拝観料100バーツ(350円)を支払うと、なぜかお水と交換できる半券がついていました。(交換し忘れたけど)
現代美術館と言い、メーカーのプロモーションとかなんでしょうか? それとも、おもてなしなのかな~?
どちらにせよ、暑いタイでは嬉しいサービスですね。

想像を絶する大きさ

靴を脱いで、寺院内に入ります。
次の瞬間、ひるみました。だって…

人と比べても…

えっ…? デカすぎる…

なんか、こっちへ来てからノリツッコミみたいな記事ばかりで申し訳ないけど、本当に衝撃がすごくて…。

「デカいデカいって言うても、そんな大げさやで~、そうそう驚くことは…ほんまや…」みたいな。

珍しい足元からのショット
すごくきれいだけど足の裏

ぐるりと仏像の背面に回ると、ずらっと並んだ碁石入れみたいな器にコイン(20バーツで購入する)を入れていく「托鉢コーナー」がありました。

108つあるらしいですが、配分が難しくて、途中でコインがなくなってしまいました…
一方前のお兄さんは最後まで余ってました(笑)

ワット・アルン

いよいよ3大寺院巡りも大詰め🌟
ワット・アルンへ行くぞ!

正直、残りHPが10以下なので、ふらふらです。…でも、ここで止めたら女が廃る!(意味:ツーリストボート代が無駄になるの意)

4バーツの船で対岸へ

乗り場

ワット・アルンは、ワット・ポーの対岸に位置するため、船(ツーリストボートとは別)に乗ります。
一見、家かと思うようなこちらが乗り場!

ワットアルン4バーツ

ほかの方の旅行記などで見ると3バーツと書いてあるところが多いのですが、ちゃっかり値上げしたんだね…。

逆光

こんな感じのボートに立ち乗りするんですが、ものすごく雰囲気があってよかったです!
地元の方も満載だし、少しずつ近づいてくる寺院にもテンションが上がるし、短い時間でしたが楽しい船旅でした。

見えてきた!

あっという間に到着です。
おや、日が暮れてきました。

拝観料50バーツ

チケットオフィスまでたどり着く気力がなく、その辺で写真を撮りつつ、なめくじのように前進します。

謎のキメラオブジェ
文明の融合か…?
遺跡には猫ちゃんがいっぱい

入口が、遠いんだわまた…
👇の写真の奥、屋根が見えるあたりがチケットオフィスです。
拝観料は50バーツ(175円)とほか2寺院と比べると相当お値打ち価格です。

遠い…
サル?

早速入ってみましょう…(ひん死)

高い!

どーんとそびえたつ、真っ白な塔✨
75メートルもあるそうです。
アユタヤの遺跡にそっくりですね~。

君たちさっきも会ったよね?

塔には上ることができるけど、かなり足場が急だから気を付けて!

結構高い!
可愛すぎい~💕
このお皿ほしい🍑

ワット・プラケオ同様、装飾がものすごく細かいけど、こちらはゴージャスというより素朴で可愛い感じです。
👆例えばこの花のレリーフ!
ひとつひとつデザインが違って、見ていてあきません。
小物とか雑貨好きな人はヒーヒーしちゃいそう✌('ω'✌ )

さよなら~

疲れてしまって、あしたのジョーみたいなポーズで30分くらい座ってから、ホテルに戻ることにしました…。
夜はアジアティークに行きたいので、鋭気を養わなければ!