【タイ女一人旅】「映える」ワット・パクナームとチャトゥチャック・ウィークエンドマーケット

いよいよ、タイの旅も最終日となりました。
行きたい場所(ベタな名所)はすべて行ったので、今日は予定外の場所に行ってみます。

スポンサードサーチ

日本人に大人気!緑のガラス仏塔「ワット・パークナム」

色々な方のブログでその名を知ったのが、日本人人気が高いというお寺「ワット・パークナム」です。
何が有名かといえば、とにかく「写真映え」がするというのです。

緑のガラスの仏塔と、プラネタリウムみたいな神秘的な天井画が、あたかも異世界のようだとか!

特に行く予定はなかったのですが、ウィークエンドマーケットに行こうとして逆向きのBTSに乗ってしまったため、急きょ行ってみることにしました。

BTSウタカートからタクシーで

ワット・パークナムはどの駅からもそこそこ遠かったです。

BTSには2路線ありますが、「シーロム線」のほうの終点ひとつ手前の駅「ウータカート」で降りるのが一番近いみたい。

もう1つの「スクンビット線」との合流駅であるサイアムとは、行き先が逆。そのため、乗客は少なかったです。

サパーンタクシン駅からは5駅でした。

おわかりいただけただろうか

👆の、中央あたりにある白い塔が目指すワット・パークナムであります。

タクシーが待機していたので乗り込み、「ワットパクナム」と告げると、「?」という顔をされました。
この時点で死にそうになりましたが、何度かゆっくり大きな声で言うと、「ああ!」という顔に。

「ワット↑、パァク↓ナーーム↑」
という発音だよ!
と教えてもらいました(笑)

この発音ね…
いま気づいたけど、ですよ。の「あ~い、とぅいまて~~ん」とほぼ一緒だ…。

https://www.youtube.com/watch?v=SFw1vFxwbGc

タクシーでは寺院の前までは行けず、少し手前で降ろされます。
45バーツでした。

こんな看板があるから安心!
どれだけ日本人に人気があるかがわかりますね。

ちなみに帰りですが、同じ場所にひっきりなしにタクシーが来るので心配ありません!
私はGrabを呼んでしまいましたが、ずいぶん待ったし、かえって高くついちゃった。

拝観料は無料

アーケードを2~3分くらい歩くと、高くそびえるワット・パークナムが現われます。
拝観は無料。
靴を脱いで、脱いだ靴を備え付けの袋に入れて、持って上がります。

緑の仏塔はなんと5階に!
入ったらどーーーんだと思っていたので面食らいました。

中も日本人だらけで、エレベーターは団体が使っていたので乗れず…。

5階に着いたとたん…

じゃ~~ん!

発光しているように見えるけど、実際は絵でした。
なんか見たことのないような明るい緑ですよね。
きれいだけど、いい意味でも悪い意味でも写真通りでした。

タイ最大のマーケット! チャトゥチャック・ウィークエンドマーケットへ

ふたたびBTSに乗り、スクンビット線の「モーチット駅」へやってきました。

空港行きのバスもある

ぎょへー!
すごい人!

ここでは、バンコク最大のマーケット、チャトゥチャック・ウィークエンドマーケットが開かれています。
買い物好きではないのですが、お土産を買っていなかったので来てみました。
名前の通り、土日しかやっていないそうです。

広すぎ

これが地図なんですが、何がなんだかわからない…(;'∀')

熱気がすごい

とにかく、人・人・人!!!
地図を見てもよくわからないので、手近なテントの中へ入ってみることに。

中はこんな感じ!
こういった屋根付きのテントの中にぎっしりとお店がひしめいています。

こんな食器やら…

造花や生花やら…

服やら雑貨やら、とにかく「ないものがない」ってくらい、なんでも売っています。

飲食店もあります!

お腹が不安定だったので、ちょっとしたおやつだけ…。
もっちもちのココナッツ入りのお焼きっぽいもの。7バーツだったかな…?
ほんのり甘くておいしい。

お土産には、リップクリームとかスカーフを買いました。
そう、軽いからです。
LCCユーザーは、お土産の重さに超絶シビアやで。

とにかくめちゃくちゃ暑いので、水分補給を忘れずに!
お買い物好きなら天国だと思います💓

スポンサードサーチ

バンコク最後の夜はプーパッポンカリー!

タイで一番有名なグルメと言えば、やはり「プーパッポンカリー」ではないでしょうか…?
「カニのカレー炒め」らしいです。

とにかくどのガイドブックにも載っているのは、この料理の元祖とされる「ソンブーン・シーフード」。
お腹痛いけど、これだけは食べずに帰れない!
と食い意地を発揮して行くことにしました。

ホテルからタクシーで

もう調べる気力が乏しく、ホテルで「ソンブーン」と言ってタクシーを呼んでもらいました。

20分くらいで到着!

流しのタクシーなどで行くと、偽のお店「ソンブーン・ディー」というところに連れていかれる恐れがあるそうです。

👇こんな手口だそう、怖E
タイ旅行情報サイト LOVE!タイランド

このマークはっ

プーパッポンカリーは3サイズから選べて、私はもちろん、一番小さいSサイズ・380バーツ(1342円)にしました。

きたっ!
小さくても相当なボリューム!!

一番驚いたのが、その油…。
水分部分はほぼ油でねーの?というくらい、油こいです。
とってもおいしいんだけど、結構キツイ…。

お味は辛くなく優しい味で、卵はふわふわ、カニ肉がぎっしりで触感も最高でした。

案の定お腹が大変なことになりましたが、後悔はしていない…したくない…!

最終日の朝!成田へのフライト

いよいよ最終日の朝となりました。
諸事情があり、滞在中一度も出られなかったベランダへ出てみました。

朝焼けがきれいです。
ありがとうタイ!
また来るかもしれないけど、その時はお腹を万全にしていくよ…。

朝焼けもピンクだね
きれいな色!

長かったタイ旅行もこれにて終了~!

ローストチキンとペーストクリームソース150B

しょうこりもなく、エアアジアXで機内食を食べながら帰国の途につきました。

スポンサードサーチ

まとめ

女性1人旅に向いているか

はじめてのタイは、運よく危険な思いをすることもなく、安心して旅することができました。
嫌な思いをしたのはアユタヤでのナンパとお腹が破壊されたくらい…(;'∀')

バンコクなら公共交通機関も発達しているし、縦横無尽に移動できるのがよかったです。

とにかく、女性の一人旅でも全然変な目でみられることがなかった!
バーでも、飲食店でも、どこでも一人で余裕で入れます。

ただ、どちらかといえばマニラのほうが好きだったかな~。
発展のエネルギーとか、街の洗練度とか、人とか…。物価ももっと安かったし、料理も好みだったな。

今や世界一の人気観光地となったタイ、次に行くなら、ほかの都市も行ってみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です