【タイ女一人旅】アユタヤのアイユーディアホテルで悶々とする

スポンサードサーチ

デザインはステキだけど…なお部屋

夕方、2泊3日お世話になるアイユーディアホテルに到着しました。

アイユーディアホテル


物価の安いタイにおいて、一泊1万5000円以上とそれなりのお値段。バンコクのちょっといいホテルより高いYO…。

にこやかで親切な女性スタッフさんに案内され、お部屋へ。

デスクは広々
シンク
巨大トイレ
バスタブ付き
電気が切れてる

一見、「わ~~、素敵!」って感じなんですが……。

な~んか…居心地が悪いんです。

例えば、洗面台のカランは水量調節が難しくて、勢いがすごすぎて毎回水浸しに。
シャワーのお湯は、チョロチョロとしか出ないし。
部屋の一部の電気は切れているし、
湯沸しポットが汚すぎて使えないし、
備え付けのカップが割れているし、
シャワーカーテンはカビだらけだったり、
アメニティは歯ブラシ、コンディショナーがなかったり…

お香とアメニティ

でも!お香はあるんです。

「そこじゃないだろ!」っていう。ここに、このホテルのすべてが凝縮されている感じがしましたね。

求めているのはリアルな「過ごしやすさ」ではなく、見た目の贅沢感に全振りといった感じです。

ありえない!ホテルスタッフのナンパ

このホテルで一番ありえなかったできごとは、スタッフからのナンパ!!

夕食を食べたいので、フロントに鍵を預けに行ったときのこと。
ホテルの若い男性スタッフが出てきて、「レストランまで送ろう」というのです。
土地勘がないので、とてもありがたい!と思った矢先。

「アーユージャパニーズ? キレイ、ビューティ!」
日本人だとわかったとたん、秒で口説き始めました。

「アロン? ルームナンバー?」
さっきルームキーを渡したはずなのに、なぜルームナンバーを聞かれるの?!
と困惑していると。

「…今夜、部屋に行くね♡」

「ノック、ノック♡」とドアをたたくようなジェスチャをしながら、耳を疑う一言を放つ…。

まさか、出会って数秒で口説いてくるとか…
いや、それ以前に、客に対して何言ってんの

日本人はお金持ち。日本人の女は優柔不断で断らない。

海外でこんな風に思われているぞ、と噂には聞いていたけど、初めてリアルにそれを体験しました。

こんなハネムーナー御用達みたいな高級ホテルに泊まるなんて、出会いが目的とでも思われちゃったのかな~とか、がっくり落ち込みました。

また、そのスタッフ、チャラい感じではなく、あか抜けてなくて、どこか純朴そうな見た目なので、より「ガチ」さを感じてしまいました…。

何が怖いって、このホテルの鍵って、小物入れの鍵みたく、オモチャみたいなんですよ。
ドアも木製の両開き戸で、補助鍵もなく、簡単に開けられてしまう。

普通に、合いかぎを持っているなら楽々侵入できちゃうんですよね。
ガチ侵入してきたらどうしよう…!?とか思ってしまいました。

スポンサードサーチ

サイトンリバーレストランの雰囲気◎

何はともあれ、夕食です(笑)

こんなロゴマーク♡

ナンパ・スタッフが紹介してくれたレストランは、ホテルから5分くらいのこちらのレストラン。

ちなみに、余談ですが…

ナンパ・スタッフ「帰りは警備員にホテルに電話させて。迎えに行くから」的なことを言ってました。
めっちゃやだ…、でも帰れない…と思っていたら、帰りは、レストランの警備員の方が気を利かせて送ってくれました(100バーツをお渡ししました)

翌朝、ナンパ野郎が「なぜ連絡くれなかったの? 今夜また声かけて?」とか言って寄ってきたので「ノーサンキューーー!」とお断りしておきました。

名物リバープロウンは高いけど最高!

リバープロウン
カレー味のシーフード蒸し

チャオプラヤ川にせり出す木のデッキに客席があり、雰囲気は抜群!
川沿いは満席で、私は川から一番遠い席でした…。

一人で量が心配だったため、料理は2品だけ注文してみました。

アユタヤにきたら絶対食べると決めていた、名物リバープロウン(川海老)に加えて、安めの料理を一品頼んだのですが、これが正解!!

  • グリルドリバープロウン 500バーツ(1736円)
  • シーフードのアルミホイル蒸し(Stuffed muxed seafood with curry) 150バーツ(521円)
  • チャーンビール 80バーツ(277円)


しかも、ジョッキに氷を入れてくれるスタイルでした。ジョッキが空くと、テーブルわきのボトルから注いでくれます。

海老一匹で約2000円は高いなあ~と思いましたが、本当にいただいてよかった!
しっかりした濃厚なエビの身と、甘みを感じる海老みそが本当に最高でした。

シーフード(小さいイカやら貝やら)がぎっしり詰まったアルミホイル蒸しも最高…!カレー味が濃くてビールのお供に最適でした。

チャーンビール

ビールも、なんと大ボトルでこの値段です!激安。

蒸し暑いタイの夜に、氷入りチャーンビールがベストマッチ!
タイ滞在中チャーンビールは大量に飲みましたが、この時のが一番おいしかった~!
2本開けちゃいました。

お会計は合計810バーツ(約2,813円)

サービス料もなく、まあまあなお値段。

レストランの警備員さんにおくってもらい、ホテルに帰ると、フロントは無人…。
客室のカギは置きっぱなし。これじゃ、誰でも侵入できちゃうでしょ…。

スポンサードサーチ

ライトアップされたアユタヤの遺跡群

これを見たかった

窓からはアユタヤの遺跡が見えます。
行って初めて知ったのですが、アユタヤ、本当~にそこら中に遺跡があるんですよね。
この遺跡も、特に有名なものではないようなのですが(もちろん名前はあると思うのですけど)、すごく立派です。

この晩は疲れているのに案の定一睡もできないまま、翌日の遺跡観光に臨むことになりました。
本当にあのナンパスタッフが入ってくるんじゃ…!?と不安でした(笑)
普通に考えればありえないんですけどね。