’22鹿児島

鹿児島女1人旅おすすめホテル『ソラリア西鉄ホテル鹿児島』宿泊記

ichigo

22年年末鹿児島に一人旅に行ってきました~。

泊ったのはソラリア西鉄ホテル鹿児島。

あか
あか

鹿児島に行くならホテルは今後も絶対ここにしたいくらいめっ…ちゃ良かったです

正直、駅からの利便性だけで選びましたが、部屋も快適で、悪いところは全然みあたらなかったです。誰にでも自信を持ってお勧めできます。

9600円~のECOプランがおすすめ

私は「ECOプラン」というプランを使い、2泊で22,400円で宿泊しました。

立地のわりには通常プランでもそれほどお高くないと思いますが、連泊するなら断然ネット限定のECOプランがおすすめです。

滞在中掃除をしてくれない代わりに安くなるというこのプラン。
タオル、ティーパック、水は毎日ドアノブにかける形で補充してくれるし、どうしても掃除をして欲しければ、ドアにマグネットを貼ればよいとチェックイン時に言われました。

そのため、毎日どうしても掃除してほしい!という要望がなければ、デメリットは全然ないと思います。

バスターミナル直結で超便利

特筆すべきはやっぱり立地のよさです。

空港バスで鹿児島中央駅のバスターミナル(鹿児島中央駅と駅前ロータリーを挟んだ向かいにあります)に到着すると、同じ建物の中にあるんです。

ホテル専用のエレベーターを降りると、すぐにバスターミナルに出られるので、ぎりぎりまで部屋でダラダラしてました。

ビルの7階がホテルのロビーで、8階から上が客室となります。だから眺望も抜群。

ロビー階から客室用エレベーターに乗り換えるのが面倒っちゃ面倒。スマホを部屋に忘れたときとか、「もうええわ!」となる程度にはいやでした(なんのこっちゃ)。

窓からの眺めが最高!

シングルルームの窓からは、アミュプラザという商業施設の観覧車が眼前に見えます。すげー!

観覧車「アミュラン」のご案内

しろな
しろな

駅に観覧車って大阪駅みたいね…

夜はこんな感じでライトアップがきれいでした。季節柄クリスマスモチーフもありましたよ。

ソラリア西鉄シングルルームの部屋

エレベーターはカードキーをタッチすると目的階へのボタンが押せるタイプ。

女ひとり旅の要注意情報

最近SNSで、「ビジネスホテルで1人客っぽい女性をエレベーターホールで待ち構えていて、エレベーターに同乗して部屋に押し入ってくる」変質者の情報が見られます。

そういう変質者だと、キータッチタイプのエレベーターってかえって危ないんじゃ…と思いました。だって、怪しい人がいても適当なフロアで一度降りることができませんから。

なるべく怪しげな人と同乗を避けるくらいしか思いつきませんが、気をつけましょうね。

狭いながらも快適なお部屋

お部屋は結構狭く、スーツケースを開いておくのは厳しかったです(90度に開いておいた)。

ビジネスホテルには珍しい一人がけのソファが。

枕元にはコンセントが2つ。ベッドサイドランプ・部屋・玄関のシンプルな操作盤。加湿器兼空気清浄機が下にあります。

スリッパは使い捨てではなく洗濯済みのもの。

デスクの上には充電用のマルチチャージャーがありました。助かる。

ヤバいくらい眠れるベッド

この部屋のなんの変哲もないベッドが、すんごい眠れました。

「当ホテルでは、羊を数える必要はありません(ドヤァ)」と書いてあります。
知らなかったのですが、Sertaという会社のベッドらしいです(有名なんですかね)。

「いやいや、ベッドなんてどれも同じでsh…グゴーーーーッ」ってな具合で寝落ち、なんと翌朝まで一度も目が覚めませんでした。

一度も目が覚めなかったのは、たぶん10年以上ぶり。しかも旅先で、ですよ(旅好きなのに枕が変わると寝付けないので…)。

パジャマはワンピースタイプ(使用せず)。

バストイレ別でかなり快適

このホテルの大きな特徴として、すべての部屋がバス・トイレ別というのがあります。
一番お安いシングルルームですらこの構造なのは珍しいですよね。

トイレの両サイドに洗面台、反対側がお風呂です。

お風呂は掃除が行き届いてめちゃくちゃきれい。

床もひんやりせず快適でしたよ!

シャワーでトイレの床までびしょびしょとかも一切なく、しっかりしたつくりを感じました。
バスタブの栓も、手前にあるボタンひとつで開閉可能です。お湯の調節もダイヤル式なので、熱すぎたりぬるすぎたりする心配はありません。

細かいようだけど、こういう小さなストレスのなさが滞在の快適さを左右するんだよなあ(腕組み)。

アメニティはフロントのアメニティバーから

お部屋にアメニティはいっさいなし。

そのかわり、歯ブラシ、ヘアブラシ、コットンセット、シェーバー、化粧水・乳液(DHCのもの)はフロントの「アメニティバー」から持ってくることができます。

外に出ずに鹿児島中央駅へ行ける

ホテルのエレベーターを地下まで降りると、なんと、かごしま屋台村という飲み屋街に出ます。

つまり、ホテルから一歩も出なくても飲めるってコトですねえ。この構造は素晴らしい。

できれば、しゃれたバーが一軒あってほしかったかもね。

いやいや、本題は、この屋台村を通り過ぎるとそのまま鹿児島駅へ続く地下通路に出るってことなんです。

駅ビルアミュプラザにも雨にぬれずに簡単アクセスできます。

ここまでなにもかも至れり尽くせりなホテルってほかにありますかね…。

少なくとも鹿児島中央駅を中心に動くなら、ここ以外に選択肢はないんじゃ…と思うくらいです。

鹿児島に行くならベストの選択

立地や部屋の快適さ、宿泊費などすべてにおいてほぼ完ぺきな「ソラリア西鉄ホテル」。

私もまた鹿児島に行くときは絶対ここにすると決めています。それくらい非の打ちどころのない滞在でした。

とはいえ、ここまでべた褒めだとサクラっぽいので、しいて挙げるなら…という悪い点は…

悪い点
  • エレベーターの乗り継ぎがちょっと面倒
  • 最大の繁華街「天文館」からは遠く電車で5分くらいかかる
  • シングルルームは結構狭い
  • ハンドタオルと浴用タオル(バスタオルではない小さいタオル)が兼用。バスタオルがあるから普通は問題ないかも

このように、大した悪い点は本当にないです。

このレポが大げさかどうか、是非一度泊まってみてください。

ABOUT ME
夏目あか
夏目あか
ひとり旅・ひとり酒愛好家
初海外旅行からひとり旅。ひとり旅とひとり酒が生きがいのブロガー。最近はVRにハマり中。
記事URLをコピーしました