【セブ女一人旅】コスタベラ・ビーチホテルでひきこもる

スポンサードサーチ

コスタベラホテルに宿泊!

「セブ島のリゾートホテルに泊まるなら、宿泊費はケチるな」

昔の人は言いました。
本当に、その通りだと思います。

私だって、叶うなら👇このどっちかがよかったさ…😢

ラディソンブル

マルコポーロプラザ

でもね、無理なんだよ…。だって、とっくに予算をオーバーしているのだから…!

で、迷いに迷った挙句(約30分)、値段の安さと口コミで選んだホテルがこちらです。

コスタベリャ・トロピカル・ビーチホテル

一体どんなホテルなのか?
ホテルでタクシーを呼んでいただき、早速行ってみることにしました。

ともあれ、当日予約の当日宿泊は初めての体験なので、ドキドキワクワクです✨

女一人セブのビーチリゾートに立つ

渋滞にそれほど巻き込まれず、1時間ほどでタクシーは到着しました。

このホテル、セキュリティが厳しくて、ゲートで部屋番号を聞かれました。「あわわ…」となっていたら、運転手さんが機転を利かせて「今日チェックインだよ~」的なことを言ってくれました🚙
めんどくせ、と思ったけど、宿泊客にとっては安心ですね✨

スポンサードサーチ

気になるお部屋は…

このホテルに泊まるなら、絶対にお高い部屋にすることを強くおすすめします。

このホテル、部屋格差がすさまじいです。

当然一番安いお部屋を選んだんです…。

用意されていたお部屋は、海とは反対側のうっそうとした森の中にある様子…。
まあ、景観は期待していないけどさ…。

重い木の扉を開けた、次の瞬間!

※イメージです

 ( ゚д゚) ・・・
(つд⊂)ゴシゴシ 
(;゚д゚) 

写真はイメージですが、まさにこんな風景が目に飛び込んできました。

…そうですね、このお部屋、ひとことで表すなら

座敷牢、かなって。

ツンとしたカビのにおい…
南国の強烈な日光さえ差し込まない、じっとりとした薄暗さ…。
光源は、はめ殺しの窓からうっすらと漏れる光のみ。
あまりの暗さに、無意識に電源スイッチを探すものの、なんとすでに電機はついていました。

荷物も置かずに踵を返し、フロントに「チェンジ、プリィィズッ!」と泣きすがりました。

海が見たくてはるばるビーチまでやってきたのに、こんなのあんまりだァァ!!(自業自得100%)

これが、資本主義の力~プレミア デラックス プールサイド~

さて、プラス約1万2000円ほど支払ったでしょうか。もちろん、VISAで!(キリッ)
新しいお部屋は~~

おお~~~~っ!😂

景観は最高

景観も、素晴らしいっ!!

お察しの通り、明らかにハネムーナー用のお部屋なんだけど、まあその辺は慣れっこっす。
すぐにウェルカムドリンクも運ばれてきて、気分は最高潮!

お金の力って、すっごーーい💰💲
支払うのは2か月後の私なんだけど、まあ……あとはよろしくやで。

謎タオル

一見きれいだし、だだっ広いのはいいんですけど、居住性はあまりよくありませんね。
シャワーとバスの導線とか、老朽化も気になります。
アメニティもシャワージェル、シャンプー、リンスのみ。
ソフト面は、値段には全然見合わないですね~…。

プライベートビーチは…

早速、ビーチに行ってみましょう!!
セブでは、ビーチはほとんど各ホテルが所有しているそうです。

ああ~~

お、おお~~~
う、うつくしい~~~!!

しかし、一人で海に入る勇気が持てず、しばらく茫然と眺めたあと、部屋に引きこもりました。
靴に砂が入るし、眩しいし、暑いし…。
本当…何しに来たんだろう?

スポンサードサーチ

マニラ&セブの旅総括

・セブは一人で行くべきじゃなかった
・セブは絶対にホテル代をケチっちゃいけない
・マニラは楽しかった!治安の心配がなければ、一人旅おすすめできます
・食べ物は基本的に美味しい
・ビールが最高

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です