「変なホテル・東京羽田」に泊まりました

2018年10月にオープンしたばかりの、「変なホテル東京羽田」に宿泊してきました。
羽田空港から香港エキスプレス早朝便に搭乗するための前泊です。(安いから早朝便にしたんだけど、ホテルに泊まったら逆に高いのに。前泊芸人と呼んでほしい)
ちょっとトラブルはあったけど、かなりよかったです!
一泊8,750円でした。

<よかったところ>
羽田空港から無料送迎バスで15分と近い!
部屋がきれい!便利!
ランドリーや無料ドリンクがある

<悪かったところ>
ロボットいらなくね……?

京急空港線の「大鳥居」駅から徒歩5分。
なぜか、「穴守稲荷」駅で間違えて降りてしまったため、20分くらいかかってしまった(そう、私はアホ)。
光り輝く「変なホテル」の看板は遠くからでも目立ちます!

スポンサードサーチ

深夜、変なホテルに到着

大鳥居駅から徒歩5分

おっ、噂のロボットが!

目つぶっちゃった、ごめんね

照れながら「こ、こんばんは」と言ったら、ちゃんと返事してくれた♡
でも、チェックイン手続きは手前の端末で……。ロボットはほぼ飾りだね。

端末の操作は簡単なのですが、ここでトラブルが……。
クレジットカードが端末に飲み込まれて出てこなくなりました。
ヘルプ用の電話があったので、慌てて助けを求めます。
ロボットではなく、人間が出てきて、普通にチェックイン手続きをすることになりました。
ロボット…飾りだね……。

ここにも恐竜が

カードキーをタッチして部屋のあるフロアを押すと、エレベーターが止まるようになっています。
クリニックも併設されています。人間のドクターはいるけど、人工知能で受付やらができるクリニックらしいです。

変なホテル羽田の客室は?

部屋。こじんまり

がちゃっと開けると、一目で見渡せるこぢんまりした部屋でした。
でも、全然圧迫感とかは感じなかったです。
むしろ……

めり込む椅子
テーブルも収納されている

こんな風に、狭くても空間を有効活用しているアイデアが満載で、関心するやら、楽しいやら!

バスルーム

バスルームもピッカピカ。とはいえ、そこはオープン仕立てですからね。
水回りハンターこと私としては、嬉しいかぎり。

ケトルとティー

ティファール風と、ほうじ茶・せん茶のパウダーが。
使用せず。

ダブルベッド
枕元

なにより嬉しかったのが、この枕元のコンセント類♡
なんと、USBを直接差し込んで充電できるようにもなっているんです。これはありがたい!
ロングワンピースタイプの寝間着もあります。

スポンサードサーチ

変なホテル羽田の館内は?

激アマドリンク

フロントには、こんな風にフリードリンクのマシンがあります。
残念だったのは、あま~い飲み物しかなかったこと……。
製氷機はここにはありません。どこにあるかというと……。

ランドリーとアルコール自販機

フロントから少し奥まったところに、ランドリー・自販機のスペースがあります。ここに、製氷機(無料)もありました。
しかしこの洗濯機、洗剤不要ってなんでだろ……?

羽田空港への無料送迎あり

空港シャトルバス

なんといっても、このホテルにとまった最大の理由は、空港への無料シャトルバス!
深夜3時代からあるんですよ!
国際線ターミナルまでは15分です。
予約不要で、時間きっちりに送り届けてくれました。

スポンサードサーチ

変なホテル羽田のチェックアウトは

朝は恐竜のみ停止

一睡もできぬまま、朝を迎えた私。
眠れなかったとはいえ、「早く起きなきゃ」というプレッシャーに弱すぎるだけで、ベッドは寝心地よかったですし、室温も最適でした。

チェックアウトは、恐竜たちのいるフロント前の機械に、ルームキーを差し込むだけ!
前払い清算だから、時間がない朝でも簡単です。

フロントには座るところがなかったので、バス利用客全員、その場に立ち尽くしていました(シュールな光景)。
ほどなくしてバスがやってきました。

変なホテル羽田の感想

羽田前泊のときにはまた利用したいと思えるホテルでした。
特筆すべき点はないんだけど、さりげなく居心地がよかったです。
でも、ロボットはマジでいらなかったw
照れながら話しかけるご婦人にほっこりしたので、それだけはよかったけど。
もっといろいろなロボットがいたら面白いのに、とは思います。

今回は朝食はいただいていないので、その内容は不明ですが、食堂はかなり狭かったですね。

さて、では香港に旅立ちますか~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です