アラフォー女とVR

Oculus quest買ってよかった!オブ・ザ・イヤー【旅好き女性におすすめ】

スポンサードサーチ

ボンジュール、私は今パリにいます。
上の写真は、シャンゼリゼ通りを凱旋門に向かって歩い…飛んでいるところ。

いや~やっぱりパリっていいですねぇ。

…はい、もちろん嘘です。

2022年現在、一体いつになったら海外旅行に行けるようになるんでしょう。もしコロナが落ち着いても、円安すぎて何もできなそう…。

あか

とにかく旅行行きたいよ〜

VRで旅気分を楽しんでいます

画像はVRのGoogleストリートビューでパリの街を上から見ている場面のスクショでした。

2020年半ば、VRヘッドセットOculus questを購入したんです!

あか

コロナで旅行行けないから、oculus quest(オキュラスクエスト)買ったんだけど、マジで買ってよかったよ

しろな

それってVRが見られるゴーグルでしょ? 旅行と何か関係あるの?

あか

よくぞ聞いてくれましたッ!

Oculus quest、あまりにもハマりすぎて、気づいたらアクセサリやソフト、そしてついにゲーミングパソコンまで購入するなど、なんだかんだ30万円以上投入するほど沼っていました。
※必ずお金がかかるわけではないです。追加料金なしでもたくさん遊べます。

今やすっかりVR廃人と化しました

もともとまったくゲーマーではない私がなぜこんなにハマったのか?
これから「VRやってみようかな?」と思っている特に大人の女性におすすめのポイントやおすすめコンテンツを書いていきます。

特に、旅好きな方には本当におすすめです。

旅好き女性にoculus questがおすすめな理由

コロナ禍でいつ海外旅行に行けるか、まったくわからない昨今。

テレビでVRの特集を頻繁に見たり、Google Street View VRの存在を知ったりしてだんだんVRへの興味が湧いてきました。

しかし、安くない買い物だし、買って使いこなせるだろうか? すぐに飽きるのではないか?と心配でした。

しかしそんな心配はまったく無用でした。買って2年以上経ちますが、まったく飽きません。(実はちょいちょい飽きてはまたハマるを繰り返していますが)

非ゲーマーの大人の女性でも楽しめるVR

アイコン名を入力

VRってホラーとアダルトのイメージが強いんだけど、ゲーマーじゃない女性でも楽しめるの?

ですよね、そう思いますよね。私もそう思っていました。

実際、エロ&ホラーがVRと相性がいいことは間違いありません。なにせその場にいるような臨場感・没入感が売りですから、ソフトもこれ系が多いのも確かです。

しかしその特徴は「旅」とも相性ピッタリなのです。

自然の中でリラックスしたり、町並みを眺めて気ままに歩きまわったり、絶景を見て感動したりと「旅で得たい感情」をVRで味わうことができます。

Google Earthで旅の追体験

google earth paris

こちらは、Google Earthで行ったパリ。立体的な地図の中を鳥になったように自由に飛び回れます。

以前泊まったホテルを見に行ったり(潰れてた…)、セーヌ川を延々とクルーズしたり、鉄道路線をなぞったり…。

飽きたら別の国へ…。

Google earthVRの地図は、Google mapと同じように、ストリートビューに切り替えられる場所があります。
地図の中を歩いていて気になったところに降り立って、その場所の360度ビューを見ることができるのです。

thaitemple

ここは、タイのアユタヤのストリートビュー。
私がハマって1日に2回も行ったワット・チャイワッタナーラームの遺跡です。

その時のレポートは以下の記事でみられます。

gardensbythebay

こちらは、マップで見たシンガポールのマリーナベイサンズ。
裏から見るのは初めてだ…。海側の視点しか知らなかったので新鮮ですなあ。

pool

こちらが夢にまで見たマリーナベイサンズのプールです…のストリートビューです。こういう名所はストリートビューの写真がやはり用意されていますね。
いい雰囲気だな〜。

pool

こう言う入浴目線?も用意されていましたよ。う〜ん、最高の気分だ…。

ニューヨークにもひとっ飛びで行けましたよ。タイムズスクエア、いつか行ってみたいな。写真からも熱気が伝わってくるような気がします。

次は趣向を変えて、巨大な像を見に行くか。インドにやってきました。

statue

でっか!
インドにある世界最大の像「統一の像」だそうです。
人間との対比のエグさ…。生で見たらおしっこちびりそう。

続きましては…

statue

ロシアの「母なる祖国像」!
かっこいいなあ。

スマホVRとは天地の差

スマホVR(スマホのVRアプリをグラスに挟んで見るVR)にしばらくはまっていた私としては、正直「VRヘッドセットなんて、手が自由になるくらいで大した違いはないだろう」と高をくくっていた部分があります。

いえいえ、何もかも、天と地ほど差がありすぎて、同じ名前を名乗るのもおこがましいぞ貴様!って気分です。

没入感が桁違い

なんといっても「そこにいる!」という没入感がすごいです。

スマホVRは「360度見渡せる!すごい!」だったのが、「あれ、私いつの間に森に来たっけ?」

VRヘッドセットはoculus quest2一択の理由

2020年末、Oculus quest2が発売されました。

私が初代Oculus questを購入して半年経ってないのに…ちくしょーーー!

VRヘッドセッドはVIVEとOculusが人気を二分しているようです。(当初はTwitterで見たPicoという機種を検討していたけどコンテンツが少なそうなのでやめた)

oculusには、パソコンにつないで使えるoculus Riftと、パソコンが必要ないquestの2種類があります。
パソコンにつなぐRiftのほうが高額で、questは3万円前後とまあまあの値段。

初めてのVR