妄想世界一周

女ひとり世界一周!1か国目・シンガポール編【妄想】

関空を出発した私は、シンガポールに到着しました。

しろな
しろな
なに?? ここから妄想はじまってる!?
スポンサードサーチ

チャンギ国際空港に到着

日本からLCCを乗り継いで11時間ちょっと、タイ・ドンムアンで乗り継いでシンガポールに到着しました。
ちなみに、直行便なら7時間です。

いや~LCCの狭い座席で長時間のフライトはキツイわ…。
次はフラットベットで行きたいなぁ(-_-;)

飛行機
東京羽田ーシンガポール(タイ・ドンムアン経由)
Scoot利用
2万1200円

シンガポール空港に降り立ったとたん、あまりの暑さにびっくり!

都会のイメージしかなかったのですが、シンガポールって意外にも常夏の国なんですよね。年間平均で27℃くらいだそう。それでもカラッとしています。

雨季と乾季があり、11月~2月は雨期なので突発的なスコールが多いので注意が必要です。

シンガポール基本情報(阪急交通社)

あか
あか
スコールにさえ気を付ければ、シンガポールは一年中ベストシーズン!

空港からMRTで市内へ移動

市内まではたったの30分で移動できます!

地下鉄MRTに乗り、チャンギエアポート駅からマーライオンまで行くことに。

参考:MRTの路線図
LTA

旅行者は「スタンダードチケット」という日本の片道切符と同じものを購入。
カードタイプで無記名Suicaのように毎回チャージして使うシステム。
乗り放題切符もあるけど、毎回購入したほうが安いようです。

空港からマーライオンがあるRaffles Place(ラッフルズプレイス)までは、2.70SGD(シンガポールドル)約205円です。

参考:MRTチケットの買い方
子連れシンガポール旅行記ブログ様

空港から2駅のTanah Merah(タナメラ)駅で緑の東西線に乗り換えます。

中心地・ラッフルズプレイスへ

はじめてのマーライオン

着きました!

うわーー!

これがマーライオンかぁ!
思ったより小さいんだな~

しろな
しろな
マーライオンってこんなだっけ……?

子供の頃、トイレになぜかマーライオンのポスターが貼ってあったのです。
それからずっとこの光景を見てみたいと思っていました。
「シンガポール貯金」と書いた貯金箱にお小遣いを貯めていたなぁ。いつの間にかどっか行っちゃったけど。

今、やっとそれが叶いました。
夢って叶うんですね!妄想だけど!

マリーナベイサンズ

今日宿泊する「マリーナベイサンズ」が見えました。

コナン君の映画でご無体な目にあった屋上のプールも健在ですねぇ。

劇場版名探偵コナン見放題!【2週間無料】
hulu

きれいだなぁ……。
今夜プールから夜景を見たいな。

…しかし、マーライオン見るのも小一時間で飽きてきた。
次の観光スポットに行ってみましょう。

アジア最大の観覧車・シンガポールフライヤー

MRTのPromenade(プロムナード)駅から歩いて約8分、やってきたのは

シンガポールフライヤーです!

シンガポール・フライヤーの最高到達地点は165メートル。42階建てに匹敵する高さから眼下に広がる壮観な眺めは、感嘆の一言。

公式サイトより

特筆すべきはその大きさ!
2020年時点ではアジアで最大のサイズだそう。

28台あるガラスのゴンドラは中も広々!

なんと、ゴンドラ1台を貸し切ってディナーもできるらしいです。
ひとりだから無理だけどね(笑)
乗車賃は33S$。日本円にして約2500円とお高めだな~。
でも、乗っちゃう。
だって旅の最初の日に高いところに上り、これからの旅を想像するのが楽しみなんです。
さっき見たマーライオンがあんなに小さく!
※フリー写真です
一周30分、空からのシンガポールをたっぷり堪能させてもらいました。
料金(Singapore Flight)
大人 (13歳以上)
33シンガポールドル(2559円)

マリーナベイサンズに宿泊!

シンガポールを象徴するホテルと言えば「マリーナベイサンズ」をおいてほかにないでしょう!

恐らくほかにもいいホテルはたくさんあるのだと思いますが、「マリーナベイサンズ」に宿泊することは名所観光も兼ねると言えます。

一番お安かったお部屋「デラックスキングルーム」の低層階でも¥34,000/1泊とキレそうなほどいいお値段…。
でも思い切って2泊予約しました。

しろな
しろな
妄想なんだからいい部屋に泊まればいいのに…

ちなみにこちらのお部屋はシャワーのみでバスタブはありませんのでご注意です。
バスタブを利用したければ、プレミアルーム以上を利用しましょう。

部屋のクラスは、デラックス<プレミア<クラブ<スイートのようです。
そして、ビュー(部屋からの景色)でさらに細かくランク分けされていました。
ビューなし<ガーデンビュー<シティビュー=ハーバービュー<スカイビュー
という具合に…。スカイビューは40階以上で市外側とありました。

お部屋は広々…?
…だと思いますが、さすがに妄想では分からず割愛します。

屋上のインフィニティプールへ!

このホテルに泊まる人の最大の目的であろう名物と言えば…

屋上のインフィニティプールですよね!

こちら、世界最大の屋上インフィニティプールだそうです。

※屋上プールとして世界最大なのか? それともインフィニティプールとしてなのかよくわからない。

意外だったのは、このプールは宿泊者しか利用できないこと。
一人一枚ルームキーの提示が必要なので、宿泊していない友達を連れていくことも無理そう。
てっきり日帰り入浴(?)できるものと思っていたので、とてもいいシステムですよね。

シンガポールの絶景を一望できて最高~。
夜にも来てみたいけどパリピだらけだったら嫌だな。

プールの利用可能時間

AM6~PM11

ホーカーでランチ

さすがにお腹が空いてきましたね。
ビールも飲みたいし…。

リーズナブルかつ地元の雰囲気を味わいたいので、有名な「屋台」に行ってみたいと思います。

シンガポールのいわゆる屋台村をホーカー(Hawker)センターというそうです。


※写真素材です。

ホーカーセンターはたくさんありますが、一番有名そうな「マクスウェル」へ。
コナン君の映画でも、ある重要な場面で使われていましたね。

最寄りのMRTのChinatown(チャイナタウン)駅から5分ほど歩き、マクスウェルフードセンターへやってきました。

こちら、ビールも売っています。(一番重要)
香港や台湾の屋台でビールが飲めなくてつらかったことを思い出し、まっさきにチェックしました。

しかも、こちらでいただけるのは、なんとクラフトビール!
3rd Culture Brewing Co. というお店でS$10~(約769円)からこだわりのクラフトビールをいただけます。

屋台飯×ビールは完全なる調和です(Google翻訳感)

何か美味しい…フライを食べて、マリーナベイサンズを見ながら飲むビールは最高!

…と言いたいところだけど、3rd Culture Brewing Co. は16:30からでした…。

ほかのお店でタイガービールが買えたので、そちらでシンガポールの昼に乾杯です。

ガーデンズバイザベイ

シンガポールの新しい観光名所と言えば巨大植物園・ガーデンズバイザベイです。
MRTのBayfront(ベイフロント)駅からすぐ。

近未来的な巨大な木のオブジェ「スーパーツリー」が目を引きます。

25メートル~50メートルもあるというスーパーツリーは圧巻ですね~。

ガーデンズバイザベイについては、現地にお住いの方が書いているガーデンザバイザベイ完全ガイド(あじあ様)が圧倒的に役立ちます。
※調べていて思ったんですが、シンガポールって公式サイト弱いですよね。一般の方のを見ないと全然分からないことばかり…。

ガーデンズバイザベイは敷地内に入るのは無料だけど、ドーム型の植物園2つに入場するのは有料です。

花より酒の情緒ない人間なので、正直植物とか興味ない…ましてや植物園なんて、尾瀬ハイキングするような中高年が行くところでしょ(偏見)だったのですが、こちらは絶対行った方がいいですね。

なんかもう、すごい…圧巻でした。
さすがに妄想で語るのは難しいですが(妄想で語るな)、インスタやらの写真を見て腰ぬかしました。ほぼテーマパークやないか。

ラオパサでディナー

マリーナベイサンズから近いホーカーズ(屋台村)ラオパサフェスティバルマーケットに来ました。
MRTのRaffles Place(ラッフルズプレイス)から5分強歩くと広大な屋台村が見えてきま。

※写真素材です

サテ―というシンガポールの串焼きとタイガービールで乾杯!
サテ―はビーフやチキン、海老、マトンなど色々な種類があり、甘いたれをつけて食べます。10本くらいから注文が基本のようで、10本S$10(764円)くらい~。多いかな!?と思ったけど、1本が小さいのでいくらでもいけそうです。(あくまでも妄想です)

2014年にリニューアルしたとあり、こちらのホーカーはかなりキレイです。

夜は2つのショーを見物

シンガポールに来たら絶対見たかったのが「光のショー」です。

毎夜8時と9時に15分間催されるSPECTRA(スペクトラ)は、マリーナベイサンズをバックに光と水が音楽に合わせて乱舞するショーです。

製作に2年を費やし、光、水、音を1/1000秒単位で緻密にプログラムできるというこのショー。見学はなんと無料。OK、バブリー!

マリーナベイサインズのイベントプラザから鑑賞

マリーナベイサンズの1階にある屋外の「イベントプラザ」で見るのが基本だそうなので、時間に合わせて行ってみました。

マリーナベイサンズ公式サイトによれば、ホテル内から見られるレストランもあるようです。

すごい轟音に圧倒されます!

ディズニーシーのショーみたい!

ガーデンズバイザベイのショーも!

もうひとつの夜のショーがガーデンズバイザベイでも行われます。

まさにスペクトラと「合わせて見たい」とでも言いたげな、7時45分と8時45分の2回開催されるショーです。

はしごをする人も多く、人並みに乗って私も移動します。

バーでシンガポールスリングを

楽しいショーを見学したあとは、バーでいっぱいといきたいですね。

ここ、シンガポール発祥の有名なカクテル「シンガポールスリング」を飲んでみたい。

このカクテルを生んだラッフルズホテルのロング・バーに行ってみましょう。
コナンの映画で毛利のおっちゃんが飲んだくれて、あの人と会った場所ですね。

ラッフルズホテルはMRTのEsplanade(エスプラネード)駅が最寄り。私が泊まっているマリーナベイサンズから歩くと25分くらいかかります。タクシーなら5分くらいなので、タクシーを使っちゃいましょう。

シンガポールスリングをいただけるロングバーはホテルの2階にあります。

以下のサイトによれば、シンガポールスリングが生まれたのは100年前、女性が人前でお酒を飲むことがはばかられていた時代にジュースのような見た目で抵抗感なく飲めるように、という配慮から生まれたそう。

名門ラッフルズホテルのロングバーで元祖シンガポール スリングに舌鼓(Expedia)

シンガポールスリングはS$33(2543円)とお高め…。

う~ん、甘すぎる…。
話のタネに飲むならいいかもしれませんね。
しかし、女性が人前で飲めないような時代に生まれなくてよかった…。

2日目の朝はカヤトーストから

おはようシンガポール!

あか
あか
疲れて一睡もできなかったわ…

シンガポールの朝と言えば、ご当地グルメ「カヤトースト」でしょう。

マリーナベイサンズ内には広いフードコートがあるので、そちらでいただきます。

カヤトーストとは、パンダンリーフという甘い香りのハーブの煮汁にココナッツミルクや砂糖・卵を合わせたジャムを塗ったトースト。

これは甘い!

シンガポールのコーヒー「コピ」で流し込もうとしたらこちらも激甘!
コンデンスミルク入りのコーヒーでした。